品質・構造

注文住宅の技術を凝縮した
ワンランク上の暮らしをご提供いたします。

品質・構造

QUALITY

La lumiele の確かな品質

震災に対して揺るがない安心の耐震性能。
住宅にとって最も大切なのは家族の命を守る耐震性能であることはまちがいありません。
洗練されたデザインと機能性の高さを共にラ・ルミエールは高い品質を追求しています。

地盤調査

地盤調査

表面波探査法

地面に起振機を設置して、地盤を上下に振動させ、表面波(小規模な地震)を発生させます。同時に二つの検出器を設置し、地中を伝わる表面波の速度を計測します。表面波は固い土質ほど速く伝わり、逆に軟らかい土質は遅く伝わるという性質があります。この性質を応用して、地盤の速度構造を計算して、支持力を求めます。

地盤改良

地盤改良

湿式柱状改良工法

軟弱地盤と判定された場合は、地盤改良工事が行われます。湿式柱状改良工法は、軟弱地盤中にセメント系固化剤を直径50cmの円柱状に構築し、地盤を補強する工法です。外部保証機関の保証があるため、改良工事は写真を撮りながら確実に行われます。

基礎

強固な基礎地震の際構造の揺れのエネルギーを受け止め地盤に伝え逃がすためには単なるベタ基礎だけでは不十分です。一邸一邸構造計算を行い、基礎の立ち上げを増やし、補強筋を入れる等、基礎自体も大地震に耐えられる強度を確保しています。

配筋検査

配筋検査

建物の地盤全体に鉄筋を基盤目状に配筋し、そこにコンクリートを流し込んで造るベタ基礎は構造計算の通り配筋が施されているかが重要となります。コンクリートを流す前に外部機関による検査が行われ、検査をクリアした上でコンクリート打ちが施されます。

強固なベタ基礎完成

3等級のベタ基礎完成

頑丈な配筋と耐久性の高いコンクリートから強固なベタ基礎が完成します。耐震性、耐久性に優れた鉄筋入りコンクリートベタ基礎は建物の荷重をコンクリート盤全面で支え、地震の揺れに対して高い強度を発揮します。

エンジニアリングウッド

強度管理

強度の高いエンジニアリングウッドを使用

自然のままの無垢材は芯まで完全に乾燥させることが難しく、大きな節や割れも含まれ、強度が安定しないという欠点があります。こうした品質のばらつきは、高い耐震性が求められる現代の建築用構造材には適していません。
La lumieleでは、柱や梁などの主要構造にエンジニアリングウッド(集成材)を使用しています。無垢材よりもはるかに品質は安定し、強度もおよそ1.5倍にまで向上します。無垢材は、樹種によって強度を判断するしかなく、不安な点がありますが、集成材は、強度等級による分類で強度が数値化されるので、構造計算にも適しており、安心できる構造材です。

エンジニアリングウッド

シロアリ対策

シロアリ対策

ラ・ルミエールではヒノキの土台を採用し、防蟻薬剤の散布は不要です。ヒノキの発する匂いはシロアリを寄せ付けにくい効果があると言われており、換気性能に優れた「基礎パッキン工法」を鋼製束も採用することにより、通常5年ごとに必要な薬の散布(約15万)が必要なく、メンテナンスにも配慮した家づくりをしています。

シロアリ対策
シロアリ対策
シロアリ対策

省エネLow-E複合ガラス

省エネLow-E複合ガラス

住まいの中で一番熱が逃げる場所は窓。そこで熱損失の高い窓にはLow-Eガラスを標準採用。片側のガラスに熱線を反射する特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、中空層がさらに熱の出入りを抑えます。一般のペアガラスの約2倍の断熱効果を発揮します。高い断熱性と遮熱性で経済的にまた紫外線や結露の抑制により健康にも優しい住宅を実現します。

※物件によって仕様が異なる場合がございます。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。